FC2ブログ

半沢直樹の社風?

半沢直樹、面白かったですね。日本の銀行、組織というものを最後は思い知らされましたが。
日本、アメリカ、中国の銀行がお金を貸す基準が面白いです。

まず、日本。
日本は、誰の紹介か、どれだけ預金残高があるかで判断されます。

アメリカは、それまでの返済の実績、信用でお金を貸してくれます。
ですから、すべての支払いのデータがクレジット・ヒストリーとして管理されてます。

最後に中国は、人相。それまでのその人の生きざまが人相にはでてるし、ごまかしがきかないので、人相で金を返せるか、成長が見込める人間かを判断します。

日本、アメリカ、中国、国それぞれに特徴がありますが、中国の銀行がお金を貸してくれるような人相、生きざまをしたいですね。
それから、アメリカの銀行もお金を貸してくれるように、毎月きちんと返すべきものは返せるように、信用を培っていきたいです。

日本の銀行が、一番お金を貸してもらうのには難しいかもしれないです。お金がないからお金を借りたいんですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する